x

長風短歌会は   入会案内  入会申込書  編集・選者 支部歌会  長風全国大会  
幸輔忌 アルバム   長風叢書①  長風叢書② 長風叢書③   長風新人賞 
白秋東北巡歴  東北紀行’12、’19   秋田冬の旅  短歌誌「鮒」  アーカイヴズ  


長風短歌会
since1957


 ようこそ、長風(ちょうふう)短歌会のホームページへ。


長風短歌会は昭和32 (1957)年6月、鈴木幸輔によって結成され、
短歌雑誌「長風」が創刊されました。
鈴木幸輔の師である北原白秋主宰の「多磨」の流れを受け継ぎます。
月刊誌として発行され、昭和55年鈴木幸輔の逝去のあと、
「長風」は同人による合議制編集体制をとり、現在に至っています。

2022年11月号




鈴木幸輔歌集『みづうみ』に関わる田沢湖

田沢湖はよき湖にして紺碧に澄みて寂びたり円形の湖(うみ) 鈴木幸輔『みづうみ」
魚を獲し鶚(みさご)がたつる大きおと片翼(かたはね)は湖に入りて羽(は)ばたく
動くものなく音のなく静かなるときにみづうみの湛へたる水 
鈴木幸輔『花酔』




秋田県大仙市寺館の鈴木幸輔生家

川水はまだ若し鮭も溯(のぼ)らずと雪に間(ま)のあることを父言ふ 鈴木幸輔谿』より
しぐるる日暗し針の糸さしくれとわが側に母は縫物ひろぐ
肩重くおもほゆるまでしづかなる雪は降りつつ積もりてゆきぬ
ひと冬の根雪となりてさだまれる雄物川の夜
(よる)の水おときこゆ




さいたま市別所沼公園にある鈴木幸輔歌碑のそばの鬱金桜 

いやはてに鬱金(うこん)ざくらのかなしみのちりそめぬれば五月(さつき)はきたる 北原白秋『桐の花』より

この日ごろ櫻ゆたかに咲きをりて風吹くときに幹あざやけし 鈴木幸輔『長風』より



さいたま市桜区の運動公園通りの桜並木                  さいたま市の荒川堤防より富士山の夕焼けを望む 

                                 

  

  2022年11月号表紙絵

  「耿暉」(戸隠)日本画  鈴木恒世

 

鈴木幸輔・動物を歌う(272)
「長風」 2022年11月号
 
  
   
   


「長風」 2022年11月号目次

 

news

★ 2022年11月号に更新しました。('22.10.27)

□長風全国大会のページに令和4年度誌上全国大会のお知らせを載せました。

□「白秋東北巡歴」のページに「長風」10月号から
鈴木幸彦の「『最初のはらばひ7.2』―母のメモと白秋さんと」を転載しました。

○「白秋東北巡歴」のページに「長風」2022年1月号から
鈴木幸彦の「『長風』という語を探す」を転載しました。

□長風全国大会のページに「第1回全国大会」の写真と記事を載せました。

○歌誌「短歌人」2021年9月号に関谷啓子氏による評論「鈴木幸輔の作品と人」
ー前期の歌集『谿』と『長風』を中心にー が4ページに亘って掲載されました。

□長風全国大会のページに令和3年度の誌上大会のお知らせを掲載しました。
誌上全国大会の作品集が出来上がり、表紙写真を載せました。('21.7.17)

○さいたま市別所沼公園に建つ鈴木幸輔第2歌碑の
説明プレートが2020年11月26日に建てられました。
皆様のご協力に感謝申し上げます。

                




□「白秋東北巡歴」のページに「長風」2021年5月号から
鈴木幸輔の「白秋先生を憶ふ」の文章を秋田魁新報(昭和18年)から転載しました。


□「歌壇」誌2020年4月号に「特集*鈴木幸輔、没後四十年」が16ページに亘って掲載されました。
古谷智子、花山多佳子、大崎安代、松坂弘、奥村晃作、入谷幸子、佐伯裕子、宇留賀七郎の各氏の
論評のほか、長風短歌会からは片岡明、鈴木幸彦が寄稿しています。


発行所からのお知らせ


短歌新聞社文庫の鈴木幸輔歌集『長風』と『谿・みづうみ』(解説毛利文平)の
在庫がありますので、ご希望の方は発行所宛てお申し込みください。
いずれも定価700円、送料180円。
なお、歌誌「長風」のバックナンバーをご希望の方には
定価(800円)の半額(切手代用)でお分けしますので、発行所までお申し出ください。
下にあるメールの宛先にお申しつけいただいても結構です。



ホームページ管理人より

この長風短歌会のホームページは 2011年10月4日 に初めて公開しました。
訪れて下さったあなたに感謝申し上げます。
「長風」が毎月発行されるたびに、
また必要に応じて少しずつ手直ししておりますが、
お気づきの点がありましたら、何なりと下のメールへご連絡ください。

お問合せのメール宛先s.i.suzuki@jcom.home.ne.jp


Copyright © 2011 S. Suzuki